KATO 165系 急行「アルプス」 8両セット 【新品】 10-1389

KATO 165系 急行「アルプス」 8両セット 【新品】 10-1389
KATO 165系 急行「アルプス」 8...
現在価格:17,500円
終了日時:10月 22日(月) 23時 19分
タグ:KATO 165系 ,アルプス ,急行 ,新品 ,8両セット ,10-1389

関連商品

 

商品詳細

KATO 165系 急行「アルプス」 8両セット 10-1389
【新品】

165系で運行される急行の中で有名な列車の一つがこの急行列車「アルプス」です。中央東線における急行列車の代名詞とも言えるでしょう。国鉄時代の急行全盛期にはサロとサハシを連結し、ビュッフェ車のサハシでは軽食のほか信州そば等が提供されていました。運行区間は新宿~松本間の他に、大糸線の南小谷まで乗り入れていました。途中駅まで飯田線直通の「こまがね」や身延線直通の「みのぶ」との分割・併合運転も行われました。〈165系急行「こまがね」〉との併結により新宿口で見られた12両編成が完成します。
165系 急行「アルプス」 ・スナップオン台車/ボディマウントカプラー/DCC対応/先頭車連結可能/クーラー、ベンチレーター別部品。 フライホイール装備の動力ユニット搭載、トラクションタイヤによるスムーズな安定走行を実現。 ・列車無線アンテナなし/原形ヘッドライト/Hゴムグレー/汚物処理装置なし/前面強化工事施工前という昭和50年前後の国鉄時代の形態を再現。 ・サロ165とサハシ165を新規に設定。 サロ165:2連の一段下降窓とそのバイザー、回送運転台を再現(ライト類は非点灯) サハシ165:サハシ153改造の50番台車。台車はTR59で客席部冷房改造後、床下のコンプレッサー撤去後の姿を再現。 ・先頭車はヘッド/テールライトと前面方向幕点灯(消灯スイッチ付)。中間先頭車の6号車はライト非装備。またクモハは1、6号車とも前面幌付。 ・カプラーは先頭・中間車とも新性能電車用の密連カプラーを装備。また別パーツの胴受を任意で取り付けることが可能。 ・前面表示、ヘッドマーク、側面サボ用のシールを用意
●既存の165系を完全リニューアル製品。基本仕様は現行の電車製品踏襲。スナップオン台車/ボディマウントカプラー/DCC対応/先頭車連結可能/ベンチレーター別部品。 フライホイール装備の動力ユニットを搭載。スムーズな安定走行を実現。●プロトタイプは原形が非冷房の冷房改造車。昭和50年(1975)代の国鉄時代の形態を製品化。列車無線アンテナなし/原形ヘッドライト/Hゴムグレー/循環式汚物処理装置 取付前/前面強化工事施工前。●ヘッド・テールライト点灯(中間先頭車を除く)、前面表示幕点灯(消灯スイッチ付)●カプラーは先頭車・中間部とも、新性能車両用を装備。先頭部はユーザー任意で胴受部品を取付可能。●前面表示は無地で設定。ヘッドマーク・側面サボを含めてシール対応。
車輛の状態は画像をご覧いただき、ご質問は終了24時間以上前までにお願いします。車輛はコレクションしていた物になり、出品の際に店頭で渡される新品のような動作テストはしていません。室内の書棚に保管していました。直射日光は当たりませんが個人保管となります点をご了承ください。、経年により車輛のメンテナンスや修理が必要になる場合がありますのでご了承ください。

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ